映画制作・プロデュース・ワークショップ運営のことなら

映画24区

映画24区スクール

ニュース

ニュース 2011年9月27日

南三陸町の伊里前小学校で映画の授業がスタート!

宮城県南三陸町の子供たちとの映画製作プロジェクトが

いよいよスタート。920日~21日に庄内映画村の宇生社長、冨樫森監督、

金沢シネモンドの土肥さんと私の4名で伊里前小学校に行って、6年生の子供たちと会ってきました。

 

RIMG0822_R.JPG

 

まず第1弾は冨樫監督による映画の授業。

「映画って何でできてるんだろう?」という投げかけから始まりました。

 

RIMG0835_R.JPG

 

最初、TVの報道陣が多かったせいか、緊張気味の子供たちでしたが、

ゲームで体を動かしてからは次第に笑顔がこぼれるようになりましたね。

私たちスタッフも一安心。

 

さて1日目は冨樫監督の映画「非・バランス」を多目的ルームで観賞。

子供たちは監督を目の前にどんな気持ちでスクリーンを観てたのでしょう・・?

 

RIMG0826_R.JPG

 

映画を観終わると今度は自分たちが作りたい映画のジャンルによって

4つのグループに分かれます。ドラマ班が2つとドキュメンタリー班が2つ。

ドキュメンタリーを希望する子が多かったのが意外でしたね。

 

RIMG0842_R.JPG

 

2日目は今回のメインテーマである「絆」について掘り下げて考えてみました。

冨樫監督が子供たち11人に「絆ってなんだと思う?」「目に見えるもの?」と疑問を投げかけます。

大人でも難しい質問ですよね。

今回の映画づくりをとおして子供も大人のスタッフも何か気づくことができればと思います。

 

RIMG0840_R.JPG

 

最後はグループ毎に脚本を考えてもらいました。

今回の舞台となる庄内映画村を想像しながら江戸時代、現代、未来といろいろな意見がでてましたよ。

 

さて、次回は929日~30日の修学旅行をいかして、庄内映画村でロケハンを行います。

子どもたちが考えたシナリオどおりの映画がとれるのか・・

とても楽しみです。

ページのトップへ

Copyright © 映画24区 All Rights Reserved.