映画制作・プロデュース・ワークショップ運営のことなら

映画24区

映画24区スクール

ニュース

ワークショップ 2012年3月20日

映画「傷跡」が新宿K's chinemaにて公開!初日舞台挨拶レポート

映画24区の記念すべき第1回目の製作作品「傷跡」が3月17日に
新宿K's chinemaにて公開を迎えました。

天候に恵まれず雨の中の初日となりましたが、多くの方が会場に
足を運んでいただきました。

DSC_0214_R.JPG

当日は冨樫森監督、主演の梨乃さん、共演の吉田俊大さん、大津尋葵さん、
脚本家の五十嵐愛さんが観客の皆さまにご挨拶させていただきました。

今回の映画「傷跡」は映画24区俳優コース1期生の生徒たちが、
山形県の庄内で合宿を行い撮影したものです。
東京で過ごす時間と違って、お芝居のこと、
作品のことだけを監督とじっくりと向かい合い、
考えることができた経験は非常に有意義なものとなったのではないかと
思います。

DSC_0208_R.JPG

冨樫監督はご自身の故郷、山形県でメガホンを撮ったのは意外にも
初めてとのこと。昨年鶴岡で行われたプレミア上映の際は地元の鶴岡は
おおいに盛り上がりました。

■冨樫監督のコメント

東京から離れた山形県まで行って、生徒全員で合宿を行いながら
1つの作品を作り上げることができたことが何より充実していた。
俳優たちの演技が日に日に良くなっていくのが見てとれた」

<現場制作レポート>
http://eiga24ku-workshop.jp/report/2011/06/-1-2.html
http://eiga24ku-workshop.jp/report/2011/06/-2-2.html
http://eiga24ku-workshop.jp/report/2011/06/-34.html

DSC_0226.JPG

主演の梨乃さんや共演の吉田さんは映画初出演にもかかわらず
監督も認める堂々たる演技を披露してくれました。
舞台挨拶にたたなかった脇の役者たちも、24区の俳優コースで
多くの監督陣から学んだことを自分なりに形にしていたことが
スクリーンにあらわれていたように感じます。

また、公募で選ばれた脚本家の五十嵐愛さんは映画24区のシナリオコース
に通う1期生。今回がデビュー作となりましたが、プロデューサーや冨樫監督、
大前玲子先生との度重なるホン直しによく耐え頑張りました。


■脚本家・五十嵐愛さんのコメント

昨年の3.11が公募の締切だったので生涯忘れられない作品となった。
自分が書いた脚本が映画のスクリーンで上映されるのを観ると感慨深い。
監督やプロデューサーとの本づくりは辛い時もあったが
普段ではできない貴重な勉強をさせていただいた」

<五十嵐さんによる制作レポート>
http://eiga24ku-workshop.jp/report/2011/06/post.html

DSC_0229_R.JPG

映画「傷跡」ですが、新宿K's chinemaでは3/30(土)まで
毎日18:00より上映、3/24(土)からは山形県の鶴岡まちなかキネマでも
上映が始まります。その他上映が決まり次第、随時HPにて
お知らせさせていただきますね。

また、俳優コース2期生で撮った第2回映画24区製作作品
「1+1=1 1(矢崎仁司監督)」は6月中旬より同じく
新宿K's chinemaにて上映致します。

現在俳優コース3期生を3/26(月)まで、
シナリオコースも4/1(日)まで募集受付中です。奮ってご応募ください。
http://eiga24ku-workshop.jp/entry/

(レポート:三谷)

ページのトップへ

Copyright © 映画24区 All Rights Reserved.