映画制作・プロデュース・ワークショップ運営のことなら

映画24区

映画24区スクール

ニュース

ニュース 2013年8月 4日

映画『女たちの都~ワッゲンオッゲン~』がイタリア・ローマの野外映画祭「イゾラ・デル・チネマ」にて上映!イタリアの女性中心に共感広がる!

こんにちは、映画24区です。

2013年10月シネスイッチ銀座、他全国順次ロードショーの
映画『女たちの都~ワッゲンオッゲン~』が先月7月24日(水)にイタリア・ローマにて
野外映画祭「イゾラ・デル・シネマ」の中の「日本の夏」というイベントにて上映されました!

「イゾラ・デル・チネマ」は、ローマ市内を流れるテヴェレ川の中洲の島ティベリーナ島を会場とし、
野外にスクリーンを設置して文字通り「映画の島」として各国映画を紹介し、今回で19回目となる。
日本特集「日本の夏」は2009年から始まり、今年で5回目。

29日、映画祭に駆けつけていた祷映監督と小泉朋プロデューサーが
帰国しましたので、コメントと当日の様子をレポートします。

--------------------------------------------------------------------
観客は30代〜40代の男女が中心。

観客06_01.jpg

上映前に映画祭関係者ならびに日本から本映画祭のために駆けつけた祷映監督が
イタリア語と日本語でジョークを交えた挨拶を行い、会場からも大きな笑いがおきていた。
祷監督は「天草の一人の女性から始まったこの奇跡の映画を楽しんで下さい」と挨拶、
温かい拍手が起こった。

舞台挨拶04_01.jpg

イタリアの観客の反応は下記の通り。

【40代女性】
「すごく面白かったです。とても興味深くて、女の人って強いんだなというメッセージが
すごく伝わってきます。楽しかったです、ありがとう。」
【50代女性】
「女の人の強さをはっきりわからせてくれるような映画ですね。
女の人の強さが今必要な時代なのではないかと考えさせられました。」
【30代男性】
「凄く良かったです。最後の場面がとても印象的でした。面白さもあるけれど、
皮肉さもある作品に感じました。ローマではもう少し女性が強い気がします。」

<イゾラ・デル・チネマ芸術監督 ジノリ氏>
「(選出理由について)作品がユーモアにあふれていて、役者さんの素晴らしい演技と演出、
そして美しい映像。 現在の日本を知る良いきっかけになりました。
観客が普段味わうことの無い体験をさせてくれた。
ローマのティベリーナ島で日本を感じることができました。
今後世界各国で受け入れられることは間違いないでしょう。」

上映後、イタリアでの反応について。
<祷映監督>
「映画は世界共通で、笑いも共通でした。素晴らしい上映会場で驚きました。
天草の話がイタリアで上映できたこと、そして、イタリア人にも受け入れられた事が
本当に嬉しいです。」

<小泉朋プロデューサー>
「日本もイタリアも女性の愛情の深さと、男性のおおらかさが、共通するものがあり、
受け入れられたのだと感じます。映画のまち、ローマで「女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜」を
上映することができ感謝すると共に、映画は世界の共通言語なんだと改めて実感致しました。」
--------------------------------------------------------------------

映画『女たちの都~ワッゲンオッゲン~』は
2013年10月シネスイッチ銀座、他全国順次ロードショーです!
皆様、公開までいましばらくお待ちください!

ページのトップへ

Copyright © 映画24区 All Rights Reserved.