映画制作・プロデュース・ワークショップ運営のことなら

映画24区

映画24区スクール

ニュース

ニュース 2015年9月 9日

劇映画『校庭に東風吹いて』関西オーディション 募集のお知らせ

こんにちは、映画24区です。

この度、2016年春に劇映画『校庭に東風吹いて』制作を行うに伴い、
関西にて子役オーディションを行います。

メガホンをとるのは映画24区スクールの演技IIIクラス専任講師でもある金田敬監督です。
募集概要は以下のとおりです。

どうぞ宜しくお願い致します。

-------------------------------------------------------
劇映画『校庭に東風吹いて』 関西オーディション応募要綱
-------------------------------------------------------
【企画・製作】
 ゴーゴービジュアル企画

【制作】
 映画24区

【募集概要】
柴垣文子原作の「校庭に東風吹いて」の実写映画化です。
2016年夏、全国公開予定の本映画のメインの子役オーディションを行います。
撮影は2016年3月末~4月に京都で行う予定です。

【監督】
 金田敬(「青いうた のど自慢青春編」「アンダンテ 稲の旋律」)

【映画内容】
主人公の知世は転勤先の小学校で"場面緘黙症"の疾患を持つミチルのクラスを担当することになる。
知世は、共感と愛情を持ってミチルに接するが、なかなか心を開いてくれない。さらに、同じクラスの
純平は問題行動が多い。母親と二人暮らしの貧しい生活は日毎に厳しさを増している。一側面から
しか物事を見ない学校側の対応に、それでは問題は解決しないと校長へ訴えるが、拒否されてしま
う知世。そんな折、いじめを受けたミチルの不登校が始まってしまう―。子ども達の様々な問題を前
に知世は、教師として子ども達を救えない、教師失格だと泣き崩れてしまうのだった...。
本映画は、場面緘黙症の心の悩みを抱えた少女や貧困から様々な問題を起こす少年の絶望と苦し
みなど、子ども達の困難に寄り添い子ども達に愛情を貫いた女教師の熱い感動の物語です。

※場面緘黙症とは・・・
家庭などでは話すことが出来るのに、社会的状況における不安のために、学校や幼稚園といった
ある特定の場面、状況ではまったく話すことが出来なくなる現象。幼児期に発症するケースが多い。

【応募資格】
2016年3月末~4月の撮影期間中に、
・小学3年生の男女。もしくは、同学年に見える男女。
・小学1年生の女子。もしくは、同学年に見える女子。
プロ・アマ不問。芸能プロダクションに所属している方はその旨明記ください。

【選考】
1次/書類、2次/オーディション、3次/最終オーディション(予定)
書類選考に合格の方にのみ2次オーディションのご案内をさせて頂きます。

【2次選考】
日程:2015年10月31日(土)または11月1日(日) 
会場:シネマカレッジ京都(元・立誠小学校内)を予定

※合格後、東京でのリハーサルが可能な方に限らせて頂きます。
(交通費等の負担は出来かねますのでご了承くださいませ。)

【応募方法】
郵送もしくはWEBにてお申し込みください。

【郵送】プロフィール(写真は上半身、全身の2枚)を同封のうえ、郵送
<宛先> 〒359-1146 
埼玉県所沢市小手指南2丁目23番地11 ゴーゴービジュアル企画内
映画『校庭に東風吹いて』製作実行委員会 子役オーディション係

【WEB】郵送と同内容を送信
<送信先> gogo@ggvp.net

【締切】
2015年10月20日(火) 必着

【問い合わせ】
〒359-1146 埼玉県所沢市小手指南2丁目23番地11 ゴーゴービジュアル企画内
映画『校庭に東風吹いて』製作実行委員会 子役オーディション係
電話:04-2968-4385 (携帯:090-8502-9260) FAX:04-2995-7911

どうぞよろしくお願いします。

▼添付ファイルで詳細をご確認下さい▼
劇映画『校庭に東風吹いて』関西オーディション応募要綱.pdf

ページのトップへ

Copyright © 映画24区 All Rights Reserved.