映画制作・プロデュース・ワークショップ運営のことなら

映画24区

映画24区トレーニング

映画ジャーナリスト

金原由佳

映画ジャーナリスト/兵庫県神戸市出身。関西学院大学卒業後、OLを経て、映画業界に入る。25 年にわたり、1000人以上の映画俳優のインタビューを実施、現在もそのペースを継続中。現在、『キネマ旬報』ほかの映画誌、劇場パンフレット、朝日新聞、『母の友』(福音館書店)、『ミセス』(文化出版局)で映画評を執筆。著書に、映画における少女と暴力性を考察した『ブロークン・ガール 美しくこわすガールたち』(フィルムアート社)、共著に映画美術の大著『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』(スペースシャワーネットワーク)など。

最新情報
単著
「ブロークン・ガール―美しくこわす少女たち」 (フィルムアート社/2007年)
共著
「伝説の映画美術監督たち×種田陽平」(スペースシャワーネットワーク/2014年)
インタビュー集
「アクターズ・ファイル 永瀬正敏」(キネマ旬報社/2014年)
「アクターズ・ファイル 妻夫木聡」(キネマ旬報社/2012年)
「安藤政信 BR→RS」(宝島社/2001年)
「アクターズ・ファイル 浅野忠信」(キネマ旬報社/1999年)
対談
「90年代アメリカ映画100」 <アメリカ映画100シリーズ> 山崎まどか氏と対談(芸術新聞社/2012年)
寄稿
「ギジェルモ・デル・トロ」 <フィルムメーカーズ> (宮帯出版社/2019年)
「スティーヴン・スピルバーグ」<フィルムメーカーズ> (宮帯出版社/2019年)
「『種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展』OFFICIAL BOOK」(ぴあ/2013年)
「アクターズ・ファイル 松田龍平」(キネマ旬報社/2013年)
「アジア映画の森 新世紀の映画地図」(作品社/2012年)
「キネマ旬報臨時増刊 映画作家 森田芳光の世界」(キネマ旬報社/2012年)
「シネアスト 相米慎二」(キネマ旬報社/2011年)
「『マイ・バック・ページ』OFFICIAL BOOK」(マガジンハウス/2011年)
「塚本晋也読本 SUPER RIMIX VERSION」(キネマ旬報社/2010年)
「いま、ここからの映像術 近未来ヴィジュアルの予感」(フィルムアート社/2009年)
「AERA MOVIE ニッポンの映画監督」 (朝日新聞出版/2008年)
「ホット・セット 種田陽平 美術監督作品集」(メディアファクトリー/2007年)

ページのトップへ

Copyright © 映画24区 All Rights Reserved.